ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

Q.住基法/入管法の改正にともない、外国人氏名の「正字化」作業が必要と聞きました。

前田
はい。2012年7月に施行される予定の「住民基本台帳法(以下「住基法」)」と「出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」)」の改正にともない、住民基本台帳への登載対象が、日本人だけでなく、日本に在留資格を持つ外国人にも拡大されます。

現在、外国人登録システムにおいて、中国や韓国といった漢字圏の外国人の氏名を中国簡体字や韓国国字などを使用して保有している場合があります。
この場合、自治体は、外国人登録システムで使われている中国簡体字や韓国国字などを法務省が提示している正字対応表にある文字(=正字)に置き換えた上で登録を行う必要があります。

この作業を「正字化」と呼んでいます。この「正字化」は、登録された外国人に対して「仮住民票」を発行する2012年5月までに完了する必要があるのです。

▼中国簡体字や韓国国字から正字への変換イメージ
[イメージ]中国簡体字や韓国国字から正字への変換イメージ

Q.「正字化」には具体的にどのような作業が必要なのでしょうか?

前田
正字化作業は大きく以下に分類できます。

  1. 正字特定
    法務省よりPDFにて提供される正字対応表と、正字化が必要な外国人の氏名を付き合わせ該当の正字を特定。
  2. 一覧作成/変換テーブル作成
    正字特定作業によって特定された中国簡体字や韓国国字と正字の組み合わせを整理し、一覧を作成。
    さらに、正字はUnicodeで定義されているので、これを各自治体の住記システムが利用している文字コード(各ベンダー固有の文字コード、SJIS、等々)に置き換えるための変換テーブルを作成。この変換テーブルを元に仮住民票データをセットアップ。
  3. 検証/確認
    変換テーブルどおりに該当の外国人の氏名が正しく変換されているかを検証/確認。

▼外国人氏名の正字化作業イメージ
[イメージ]外国人氏名の正字化作業イメージ

これらの作業は地味ながら手間がかかるものですから、居住する外国人の多い地域では、作業に膨大な時間がかかることが懸念されています。2012年5月までという期日もこの状況に拍車をかけています。

日立では、この外国人氏名の正字化を支援する「外国人氏名正字化サービス」を2011年12月から提供しており、すでにいくつかの自治体さまよりご注文をいただいております。もし、外国人氏名の正字化にかかわる作業で不安なことがおありであれば、日立までご相談いただければと思います。

よくわかりました。ありがとうございます、前田さん!

(2012年1月25日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから