ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

Q.農業にITを活用しようという動きが広まっていると聞きました。
あまりイメージがわかないのですが、どんな取り組みなんでしょうか?

前田
はい。大きくわけて二つの取り組みがあると思います。
ひとつは、いわゆる「植物工場」と言われるものです。工場やビルなどの施設内で、ITを使って、光や温度、二酸化炭素、栄養素などの環境を制御しながら、植物を育てるものです。このような取り組みはこれまでも行われていましたが、東日本大震災での農地の塩害対策としても活用が期待されています。

もうひとつは、田畑で行われる従来型の農業の効率化や高度化にITを活用するものです。例えば、「地図システムを使って小麦などの場所ごとの成育状況を管理することで、刈り取り作業の効率化を図る」といったものや、「土壌分析データや過去の作付け作物データを管理・分析することで、これから作付けしたい作物などを入力するだけで、推奨する肥料の種類や量が自動的に算出できる」といったものがあります。

Q.最近ではセンサーを使った取り組みも行われていると聞きました。

前田
そうですね。例えば、農地のある範囲ごとに温度、湿度、日射量、土壌水分、葉の湿り具合などのデータを測定できるセンサーを設置します。それらのセンサーが測定したデータを、無線LANなどのネットワーク経由でクラウド環境に集めることで、農業従事者が過去のデータなどと比較・分析を行い、農薬散布の最適なタイミングを判断したり、散水量を調整するなどといったことが可能となります。

Q.IT活用の狙いは、やはり生産性の向上でしょうか。

前田
当然、これまで以上に農業の生産性を向上させたいということはあると思います。ただ、それ以上に期待されるのが「農業経験者のノウハウ共有」です。
これまで、農業に関する細かなノウハウはなかなか数値にすることが難しく、経験者のカンなどに頼ることが多い分野でした。しかし、農業に従事する方の高齢化が進んでおり、経験の浅い生産者や新規の就農者へのノウハウの伝達が、差し迫った課題となっているのです。今回ご紹介したようなIT技術は、データの見える化という形で、農業生産にかかわる的確な意思決定を支援し、ノウハウ共有の手助けとなるのではないかと思います。

よくわかりました。ありがとうございます、前田さん!

(2012年4月25日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから