ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

長野県塩尻市

現場拝見!導入事例ウォッチング

全国の自治体で初めてウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)の「等級AA」に準拠

長野県塩尻市は、2011年10月にWebサイトをリニューアルし、ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010、以下新JIS)の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に、全国の自治体で初めて準拠しました。
「ワイン」「漆器」といった、「塩尻らしさ」をアピールするコンテンツを新規で立ち上げ、塩尻市のブランディングメディアとしての役割を強化しました。

〜お客さまの声〜

塩尻市らしさを出しつつ、ウェブアクセシビリティに配慮したサイトに

以前の塩尻市のWebサイトは、組織の構成を元に情報を組み立てていたので、利用者視点ではなかったと思います。リニューアルでは、いろいろな自治体のWebサイトを参考にして、利用者視点で情報構成を見直しました。
塩尻らしさという点では、「しおじり探訪」などのコンテンツを増やしたり、トップページのデザインを工夫したりしました。特にトップページは、大きな写真を使って塩尻市を印象付けられるようにしたかったのです。デザインは事細かに要望を出しましたが、反映してもらうことができて満足しています。

日立公共システムエンジニアリングのSEは新JISに精通しており、率先してプロジェクトを進めてくれたので、不安はありませんでした。また、各課職員への意識付けですが、CMS導入時に行ってもらったアクセシビリティ研修がWebサイトに限らず、社会全体のユニバーサルデザインに関する内容だったので、その大切さをよく理解できたようで、とても好評でした。

職員の情報発信が活発になり、ウェブアクセシビリティへの意識も向上

トップページが「塩尻らしさ」を訴求するデザインとなったことが影響しているのか、情報発信への意識が高まったように感じます。例えば、「注目情報」は、観光課を中心に掲載依頼が多く来るようになりました。また、ウェブアクセシビリティについても「こういう時はどう表記すれば良いのか?」といった相談を受けます。コンテンツを作成するときに、ウェブアクセシビリティを意識してくれているからだと思います。

ウェブアクセシビリティに配慮したWebサイトを運営していく上での工夫

新JISに対応してリニューアルしましたが、職員にウェブアクセシビリティが浸透しているかというと、まだ十分ではないと思っています。そこで年に一度、新しく入った職員を中心に、アクセシビリティ研修を実施しています。
あとは、すべてのコンテンツの承認を秘書広報課で行うようにし、承認時にコンテンツの品質をざっとチェックし、そこで気づきがあればそのコンテンツ担当者に連絡を入れ、なぜその方法が良くないのか、どうしたら良くなるかを説明しています。その様な地道ですがきめ細かな対応をすることで、各課の意識や知識も向上し、塩尻市Webサイト全体の品質の底上げにつながればと思っています。

(2013年1月9日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから