ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

タッチパネルや音声認識システムなど、「触る」「話す」といった人の動作で操作するナチュラル・ユーザーインターフェース(NUI)が注目されています。
今回は、NUIの中で、私たちのくらしや医療の分野への応用が検討されているセンサーデバイス「Kinect™センサー」(以下、キネクト)についてお届けします。

キネクトとは?

キネクトはMicrosoftのゲーム機「Xbox 360®」用のコントローラーとして発売されました。搭載されているカメラやセンサーから得られる情報をもとに、体の動きや音声を認識して、コントローラーを使わずに体の動きだけでゲームを操作することができます。

ゲーム以外へも応用

直感的に使えるインターフェースとしての注目も高く、発売当初から開発者などの間でゲーム以外への応用アプリが作成されていました。「もっと近距離で認識したい」「商用利用したい」といった要望もあり、Microsoftから2012年2月、Windows PC用の「Kinect™for Windows®センサー」が発売されました。
共にソフトウェア開発ツールが公開され、応用範囲がぐんと広がっています。

私たちの生活に身近な事例としては、キネクトを組み込んだ、ハイテク住宅があります。
高齢者にやさしい住まいとして実用化が進められているこの住宅は、身ぶり手ぶりでカーテンの開閉や、照明のオン/オフと調光、テレビチャンネルの切り替えなどがコントロール可能とのこと。
テレビに向かって手をかざし、左にスライドするとカーテンが閉まり、右にスライドすると開くなんて、知らない人が見たらまるで魔法のようですね。

期待される医療向け、障がい者支援システムへの応用

応用範囲が広がることで、さまざまなアプリケーションやサービスの提供が考えられます。特に、医療向けや障がい者支援システムへの応用が期待されており、手術中に執刀医がPC画面をジェスチャー操作できるようにする医療支援システムや、重度障がいを持つ人の口の開閉や手足のかすかな動きなどを検出し、意思表示や機器操作を支援するソリューションが開発されています。

このように、さまざまな分野でキネクトの技術を応用する研究や試みが始まっています。今後、自治体でもキネクトを活用した新しい住民サービスの事例が出てくるかもしれませんね。

(2013年1月23日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから