ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

新潟県長岡市

現場拝見!導入事例ウォッチング

簡単な操作が初動に最適 平常時の防災教育でも活用
防災情報共有システム

新潟県長岡市は、水害、雪害、地震など多くの自然災害を経験していることもあり、防災意識は全国的にも高い地域です。その長岡市が、市庁舎の移転にともない、新たな防災計画に着手することになりました。IT活用による災害情報収集・共有の強化を図るため、災害発生時にも、平時にも活用できるソリューションとして日立ソリューションズの位置情報付きPDF「GeoPDF」と電子黒板「StarBoard」を採用いただきました。

市庁舎移転を機に、災害に強い都市づくりを促進

長岡市は、山間地から海岸部まで非常に幅広い特性をもった地域から成り立っています。山間地の代表として、中越地震で被害にあった山古志地域(旧山古志村)があります。さまざまな地域の特性があるがゆえ、多様な災害リスクも抱えています。
防災体制の柱として掲げられたのが、市民防災の推進、避難所機能の強化、情報発信の強化、本部機能の強化です。その課題を解決するためには、人的な側面とシステム的な側面の両方の対策が不可欠ですが、新庁舎移転を機にシステム側面の整備がすすめられました。

「GeoPDF」と「StarBoard」により情報体制と本部体制を強化

お客様の声:「災害発生の初動期、情報の収集・共有・発信において、災害対策本部と現地対策本部の状況認識を一致させるうえで、位置情報の果たす役割は言うまでもありません。従来は、それを紙地図で行っていました。紙地図は手軽に使えますが、紙地図がある場所でしか情報の共有が行えないというデメリットがあります。離れた地点で災害情報を共有するには位置情報を要とすべきだと感じました。既存の地理情報システム(GIS)はありましたが、迅速な行動を可能にする何らかのツールが必要だと考えていました」

「GeoPDF」導入の決定的理由は、ファイルのハンドリングの容易さ、操作のしやすさです。「GeoPDF」は、地図データや位置情報、地形図などのレイヤーを保ったままPDFファイルに変換することができるソリューションです。簡単に書き込みができ、ファイルサイズも小さいので、PC上で十分扱えるというメリットがあります。本部との通信が途絶えても「GeoPDF」上に情報を蓄積することができます。

また、「StarBoard」は投影した画面に書き込みができる電子黒板です。災害対策本部と現地対策本部を結んだ情報共有がリアルタイムにできます。
災害対策本部と現地対策本部の「StarBoard」同士をつなぎ、同じ「GeoPDF」資料を投影します。決壊した河川、冠水した道路、故障した下水道設備、負傷者の状況など現地対策本部が刻々とアップデートする災害情報が災害対策本部に届き、災害対策本部での状況把握と的確な対応が可能となります。他の支所においても、情報閲覧がリアルタイムに可能です。

平常時の活用で操作を習熟、迅速かつ的確な初動が可能に

お客様の声:「災害情報の共有ツールは、直感的に使えることに加え、平常時にきちんと使えるシステムであることが大切です。災害時だけに特化したものでは、ほぼ100%使えません。「StarBoard」は、学校教育現場での実績もあり、平常時に活用することで私たちも操作に習熟できますし、運用のノウハウを蓄積できます。そのノウハウは、災害対応でも必ず役立つと期待しています」

(2013年3月13日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

関連記事

[リンク]災害 まとめページへ

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから