ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

茨城県守谷市

現場拝見!導入事例ウォッチング

茨城県の自治体で初めて、ウェブアクセシビリティJISに準拠

茨城県守谷市は、2013年2月にホームページをリニューアルしました。リニューアルにおいては、ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に、茨城県の自治体で初めて準拠したことに加え、ホームページの作成や管理を行う自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb/CMS」も導入しました。

〜お客さまの声〜

「ウェブアクセシビリティに対する熱い想いに感銘を受けました。」

――リニューアル前に困っていたことはありましたか?

ウェブアクセシビリティ維持のために、大変な時間がかかっていました。ホームページ更新時は、担当者が申請書と一緒にウェブアクセシビリティチェックリストも提出し、管理側が確認してからでないと公開できないルールにしていましたが、毎回チェックリストを提出するのは手間がかかります。また、更新のたびに手作業で複数のリンクを設定しなければなりません。迅速な情報公開が難しい上に、常に誰か1人が問い合わせに対応できるようにする必要がありました。

――今回のリニューアルにあたり、当社を選定いただいた理由は何でしたか?

実は、以前守谷市のホームページが広報コンクールで読売新聞社賞を受賞していたので、「それ以上のものを構築したい」と日立公共システムエンジニアリングの方にお伝えし、プロポーザルに参加していただきました。ウェブアクセシビリティに関する熱意が他社と比較にならないくらい強かったですね。庁内で開催していただいたアクセシビリティ研修では、ウェブアクセシビリティ以外にユニバーサルデザインについても解説いただき、大変好評でした。

――リニューアル後約2ヶ月が経ちましたが、利用者の反響はいかがですか?

市民の方からは、「見やすくなった」「今っぽくなった」といった声を聞きます。また、リニューアル翌日には、職員から「ホームページが変わって良くなりましたね」という感想もいただきました。

――制作する職員の反応はいかがですか?

職員は、CMSにあっという間に慣れて、非常にスムーズに運用できています。
また、CMSを導入したことで自動的にウェブアクセシビリティに対応できるようになったので、問い合わせもほとんどありません。以前は公開までにさまざまなステップが必要でしたが、今は承認1つで全部可能となり、管理側としては大変楽になりました。公開前の申請書も不要となり、本当にホームページの更新にかける時間が減りましたね。

(2013年8月14日)

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから