ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

進化する観光IT

読んでナットク!自治体ICT

ビッグデータ、オープンデータへの関心の高まりとともに、観光や地域振興に、観光客の位置情報などのビッグデータや、自治体が持つオープンデータを、有効活用しようという流れが出てきています。

観光客の位置情報や画像データをリアルタイムで活用

北海道では、「One More観光案内サービス」というドライブ旅行向けの観光サービスの実証実験が、大学、航空会社、自動車部品メーカーなどの協力で行われました。

レンタカーに搭載されたGPSロガー(移動経路をGPSを使って記録する機械)やカメラから得られる、位置情報や画像データを活用し、道路の混雑状況や路面状況といった情報をリアルタイム画像で確認できるというものです。訪れた観光スポットなどの画像を投稿し、ユーザー同士でWebアルバムとして共有することも可能です。

観光客の動線を分析し、今後の観光戦略に活用

徳島県、埼玉県、三重県伊勢市が、携帯電話サービス事業者などと協力した実証実験では、スマートフォンから得られる位置情報を活用し、観光客が観光エリアへ流入した経路や利用した交通手段の傾向を分析しています。

安心かつ快適に観光を楽しめる交通環境、レジャー・宿泊施設の整備などに役立てることで、地域振興をめざしています。

オープンデータを活用し、自治体連携で垣根を超えた観光誘致も

観光情報などは、ひとつの地域だけでなく、周辺地域の情報もあわせて見られると、観光客の利便性が高まります。相互の観光誘致にもつながるため、周辺の自治体で連携しようという動きも出てきました。

金沢市、福井市、越前市、鯖江市などの近隣自治体では、連携してオープンデータに取り組もうとしています。近隣自治体同士で連携し、同種類のデータを同じ形式で公開することにより、データの広域にわたる活用を促し、観光客に役立つようなコンテンツの提供を可能にしようというのが狙いです。
たとえば、オープンデータを観光アプリに活用する場合に、データ形式が違うと加工方法も違うため面倒ですが、同じ形式であれば、データのマッシュアップが簡単になるので開発しやすくなるといったメリットがあります。

このように、自治体の観光ITは、ビッグデータやオープンデータを活用することで、単なる情報提供から観光客が「今」「ここで」知りたい情報を個人のニーズにマッチした形で提供する観光サービスへと進化しています。

新しいIT戦略の中でも「オープンデータおよびデータを自由に組み合わせて利活用できる環境の整備」の実現について明記されているので、この流れは今後さらに拡大していくことが予想されます。

(2013年10月23日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから