ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

滋賀県草津市

現場拝見!導入事例ウォッチング

県内の自治体で初めてWebアクセシビリティJIS「等級AA」に準拠

滋賀県草津市は、2013年10月にホームページのリニューアルを行い、滋賀県内の自治体では初めてとなるWebアクセシビリティJIS(JIS X8341-3:2010)の「等級AA」に準拠しました。
草津市では若年層やファミリー世帯の住民が増加していることを受け、スマートフォン対応やフラットデザインの採用など、若い世代をターゲットとした施策も取り入れることにより、市民にとってより快適なホームページをめざしています。

〜お客さまの声〜

「公開中のホームページをアクセシブルなものにするには大変な労力が必要でした。リニューアルの時期を迎え、「等級AA」へ準拠したホームページを構築するタイミングは今しかない!と思いましたね。」

――ホームページリニューアル前、アクセシビリティへはどのように対応されていたのですか?

アクセシビリティに問題のあるページを見つけた際に、広報課から各課のホームページ担当者に対して個別にアドバイスしていたのですが、そもそもアクセシビリティとは何なのか、なぜ必要なのかということを理解してもらうのがなかなか難しい状況でした。ユニバーサルデザインや人にやさしい施策というような概念は、どの職員も重要だと意識していたとは思うのです。ただ、それぞれの業務分野で対応できていても、ホームページでも同じような配慮が必要であるというところまで結びついていなかったのだと思います。すでに莫大な記事を公開していて、多くの職員が携わっているホームページを、途中からアクセシビリティに対応させていくことは非常に難しいことなのだと思っていました。

――CMSの使い勝手に対する職員の方の評判はいかがでしょうか?

職員から「すごく直感的で分かりやすい」と好評です。簡単な操作で統一されたデザインのきれいなページが出来上がるので楽しいという意見もありました。
その結果、以前はあまり情報を公開していなかった課からも、ページの更新に意欲的な職員が増えてきまして、前よりも記事が充実してきたと思います。
また、導入前はあまり意識していなかったのですが、マニュアルが非常に分かりやすく好評です。CMSを初めて使う職員にも、「とりあえずマニュアルを見てください」と伝えるとそれでだいたい分かってくれます。こちらの問い合わせ対応にかかる労力も軽減されました。

――今回スマートフォン対応ページも開設されました。

草津市はいま、若い世帯の流入が非常に増えてきています。スマートフォン対応も、フラットデザインの採用も、そのような世代を狙っての施策です。
リニューアル後のパソコンとスマートフォンのアクセスの割合は4対1程度で、記事によっては1対1となるようなものもありました。今後はスマートフォンからのアクセスがもっと増えていくでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■草津市のホームページがNHK高校講座「社会と情報」で紹介されました!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
番組では、Webユニバーサルデザインソリューション「4Uweb」を適用し、リニューアルを行った草津市や松戸市のホームページの紹介をはじめ、視力の弱い方、色覚に障がいのある方にも、より快適にホームページを利用いただけるアクセシビリティサポーター「ZoomSight」の機能についても放送されました。

(2014年4月9日)

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから