ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

ロボットのいる生活

読んでナットク!自治体ICT

超高齢社会を迎え、介護や生活支援の需要が高まる一方で、労働人口の減少が懸念されています。こうした課題を解決するためにも人と共存できるロボットの活用が期待されており、多くの研究機関などで開発が進められています。身近なところではお掃除ロボットなどが家電の延長で実用化され、普及していますね。

経済産業省とNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)では、2009年度から5年間「生活支援ロボット実用化プロジェクト」を立ち上げ、介護・福祉、家事、安全・安心など生活分野でのロボット適用や安全性の検証手法などの研究開発を行いました。
今回は、現在実用化に向けて開発が進められている生活支援ロボットについてご紹介します。

人の動作をサポートする装着型ロボット

人の動作をサポートするロボットとして、装着型のロボット開発が進んでいます。歩行をサポートするものは多数研究されており、片足麻痺などで歩行が不自由になった方の歩行をサポートするものや、長時間の歩行や階段の上り下りなど低下した脚力をサポートするもの、歩行訓練などリハビリをサポートするものなど、さまざまです。

装着型のロボットは、失った身体機能を改善する効果が期待できることから、医療・介護分野から高い注目を集めています。最近では、超高齢社会の課題解決への取り組みとして、装着型ロボットを開発した企業と協定を結んだ自治体も出てきました。

川崎市とCYBERDYNE株式会社が包括協定を締結することの合意について(川崎市)
[URL]http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/200/0000058093.html

移動をサポートする搭乗型ロボット

患者や要介護者のベッドからの移乗をサポートする、移乗支援ロボットも開発されています。トイレなど室内や屋内の目的地への移動機能も兼ねているものや、ベッドの一部が分離して車椅子になるものなどがあります。いずれも介助者や介護者の身体的な負担と、介護される人の心理的な負担の軽減を考慮したものです。

また、屋外の移動を支援するものとしては、携帯情報端末に表示された地図上で任意地点を指定すると、自律的に搭乗者を迎えに行ったり、目的地まで連れて行ったりするものなどが開発されています。

日本発!安全性に関する国際規格

こうした生活支援ロボットの実用化の際に、課題となってくるのが安全性の確保です。「生活支援ロボット実用化プロジェクト」では、対人安全性基準や安全検証試験方法、安全認証手法の確立などにも取り組み、安全性を確保するための国際標準化の提案やデータ提供なども行っています。その提案が採用される形で、国際安全規格ISO13482が発行されました。生活支援ロボットはこの国際安全規格に基づいた安全認証を取得できるようになり、販売や導入の際、この安全認証を取得していることが適切な安全対策の証明となります。

日立も、人間と共生できるロボットの研究を進めています。人とロボットの円滑な対話を実現する技術や、危険を推定して回避する自律移動技術などの開発に取り組んでいます。

(2014年6月11日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

関連記事

[リンク]超高齢社会 まとめページへ

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから