ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

警察共済組合

現場拝見!導入事例ウォッチング

指静脈認証システムでセキュリティ強化と利便性向上を実現

警察共済組合は1962年に設立され、警察職員である組合員約30万人を擁しています。全国の拠点で利用される業務用PC約700台に、日立の指静脈認証装置を導入しました。指1本のログオンで、確実な本人認証を実現し、利便性の向上と不正アクセスの防止に役立てています。

<課題>
PCログオンのセキュリティ強化とID/パスワード運用の簡略化を図りたかった

<解決>
全国の業務用PC約700台に日立の指静脈認証装置を導入

<効果>
指1本のセキュアなログオンで、確実な本人認証と不正アクセスの防止を実現

〜お客さまの声〜

大きな負担だったID/パスワードの運用

WindowsRXPのサポート終了を契機に、本部および全国の組合拠点で使っているサーバとPC一式をリプレースすることになりました。そのタイミングで、日立さんから業務用PCのログオン認証を、それまでのID/パスワードから生体認証方式にする提案を受けました。検討の結果、認証精度が高く、装置そのものも小型で使いやすい点を評価して、指静脈認証システムを導入したのです。

パスワードはセキュリティ強化の観点から、定期的に変更していました。このため、どうしてもパスワードを忘れてしまったり、間違ったパスワードを入力してしまったりすることがありました。パスワード入力を複数回間違えるとロックがかかり、その解除作業にはかなりの時間を要します。ユーザーと運用者の双方に、負担がかかっていることは否めませんでした。その打開策として、パスワードを覚える必要がなく、セキュリティも今以上に強化できる指静脈認証を選んだのです。

OSと業務アプリケーションに指だけでシングルサインオン

ログオンまでのスピードが格段に速くなりました。指を差し入れるだけで認証できるので、複雑なパスワードを覚えたり、定期的に変更したりする負担がなくなり、ユーザーからとても好評です。

利便性に加え、なりすましのリスクも解消

日立さんには事前に、各拠点の運用担当者を集めた説明会で、ていねいなレクチャーをしていただきました。そのため指静脈情報の登録作業も問題なく行え、スムーズに実運用に入ることができました。運用後も、認証できないなどのトラブルは、ほとんど発生していません。なりすましのリスクもなくなったことで、セキュリティ面での不安が解消されました。

(2014年7月9日)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

関連記事

[リンク]セキュリティ まとめページへ

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから