ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

2017年2月、IT総合戦略本部より「電子行政の方針についての考え方(以下、新方針)」が公表されました。
新方針では、これまでのコスト削減や行政内部の効率化を中心とした取り組みの一定の成果を認めて、今後は民×官の協業で行政のあり方を変革していく方向で、国民や事業者に提供するサービスそのものの価値の拡大に焦点を当てています。そして、データの持つ付加価値とデジタル技術を徹底活用したデジタル・ガバメントの実現が軸となっています。

デジタル・ガバメントへの移行

日本が今後、少子高齢化や人口減少といった課題を抱えながらも持続的な経済成長を実現するためには、生産性の向上が必須です。また、海外との取り引きや外国人居住者の増加など、グローバルな視点も必要になってきます。行政サービスにおいても、利用者やニーズが多様化する中で、変化が求められます。
利用者視点でサービスの価値を最大化させるためには、デジタル技術を徹底活用し、官民協働を軸に行政機関の縦割りや、国と地方、官と民という枠を越えて行政サービスを見直す変革が必要です。また、これまでの電子行政からさらにデータとデジタル技術を徹底活用したものにするために、サービス提供の基盤となるプラットフォーム、下支えとなるガバナンス、電子行政に関するすべてのレイヤーに変革していくこと、すなわちデジタル・ガバメントへの移行が必要であるとしています。
例えば、引越しの際に発生する手続きは、自治体の転出転入、水道、ガス、電気、住所変更などなど、さまざまな機関の複数の窓口で個別に手続きをする必要がありますが、組織の枠を越えてサービスを見直すことで、サービスのデジタルファースト(*1)、ワンストップ、ワンスオンリー(*2)が実現していくと考えられています。

*1
個々の手続き・サービスが一貫してデジタルで完結する
*2
一度提出した情報は、二度提出する必要がない仕組み

デジタル・ガバメント推進方針

デジタル・ガバメントの実現に向けた取り組みとしては、次の三つを柱とし、変革を進めていく方針です。

  1. デジタル技術を徹底活用した利用者中心の行政サービス改革
    行政の業務プロセスをデジタル前提で再設計する。利用者の一連の行動に着目し、サービス全体を設計するサービスデザイン思考を取りいれ、利用者から見て「すぐ使えて」「簡単」「便利」な行政サービスをめざす。また、民間サービスとの連携を意識しAPIの公開やモバイル対応などを推進する。
  2. 官民協働を実現するプラットフォーム
    多様な主体によるサービス提供を促進するためのプラットフォームを整備する。
    情報連携のキーとなるマイナンバー・法人番号を徹底的に活用するため、利活用範囲の拡大を推進する。また、データレイアウト、語彙、コード、文字の標準化・共通化など規格の整備や相互運用性の確保に向けた取り組みを行う。
  3. 価値を生み出すITガバナンス
    政府CIOを中心とした政府横断的な体制強化、一府省では突破困難な改革を中心に、サービスの企画立案段階から改革を支援する。
    全国で同一水準の機能・品質が求められる自治体のサービスについて、個別に情報システムの整備を行うのではなく、業務データの標準化を行いつつ、情報システムの整備や機能について自治体クラウドなどへの集約化を推進する。加えて自治体クラウドの広域化やグループ同士の統合などを進め、機能の共有化を促進する。

自治体の手続きは?

3月にIT総合戦略本部より公表された「行政手続・民間取引IT化に向けたアクションプラン(「デジタルファースト・アクションプラン(仮称)」)中間整理」によると、自治体における手続きについては、実態の全体像が十分に把握されていないことから、2017年度中を目途に実態調査とオンライン利用促進に向けた方策を検討するとしています。

一部の先行自治体(都道府県、市町村)より、法令に基づく手続き、自治体独自の手続きの全体像とそれらに係るオンライン化の状況について事例調査を行ったり、全数調査により、特に件数が多いと思われる手続きを中心に実態調査を行ったりすることが想定されています。

上記実態を踏まえ、優先的にオンライン化に取り組むべき手続きとその方向などについて、自治体の規模や特性を踏まえつつ、2017年度中を目途に検討されます。検討結果を踏まえて、各都道府県では、「都道府県官民データ活用推進計画」などに、行政手続きのオンライン利用促進に向けた計画を取り込むことが期待されます。

スケジュール

方針策定に当たっては、各省と協議を進めつつ、アイディアボックスやワークショップを通じて、国民とも対話しながら検討されました。5〜6月にIT国家創造宣言に新方針の内容が盛り込まれ、アクションプランに落とし込まれていきます。

スケジュール
[イメージ]スケジュール
出典:「新たな電子行政の方針についての考え方(概要:pptx形式43KB)」(IT総合戦略本部 電子行政分科会)

参考

(2017年4月11日 公開)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

[リンク]日立 電子自治体メールマガジンの会員登録ページへ