ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online

[イメージ]KPIから見た地方創生

KPIから見た地方創生

読んでナットク!自治体ICT

まち・ひと・しごと創生法に基づき、全国の自治体は概ね2015年度中に地方版総合戦略の策定を完了し、実行段階に移行しています。
今回は、地方版総合戦略の中で掲げられているKPI(*1)とその達成に向けた取組みについて、日立グループのコンサルティングファームである株式会社 日立コンサルティングが、慶應義塾大学環境情報学部小川克彦教授と共同で、自治体にインタビューを実施し、分析・検証した結果をご紹介します。

狙いと概要

地方版総合戦略では、PDCAメカニズム(*2)の下、具体的なKPIを設定し、効果検証と改善を実施することとされています。このKPIは地域ごとの特性や課題を踏まえて設定されており、高いKPIを掲げている自治体では特長的な取組みが行われていると考えられます。

*1
Key Performance Indicators(重要業績評価指標)のこと。プロジェクトで期待する目標や効果に対し、その達成度合いを定量的に測定するための評価指標。
*2
プロジェクトの実行に際し、「計画を立て(Plan)、実行し(Do)、その評価(Check)に基づいて改善(Action)を行うという工程を継続的に繰り返す」仕組み。

参考

(2017年7月10日 公開)

  • * 記事の内容は配信時点での情報をもとに作成しているため、その後の動向により、記載内容に変更が乗じている可能性があります。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから