ページの本文へ

Hitachi

自治体ICT 応援サイト

Q.観光誘客のために、デジタルを使ったよい方法はありませんか?

近年、デジタルツールの発展で、さまざまな分野においてデジタル技術の導入やDXが進んでいます。 観光分野の取り組みにもその流れが起きており、2021年6月に公表された観光庁の「観光白書」によると、業務管理や接客、移動、コンテンツ、マーケティング、プロモーションなどのさまざまな場面でIT化やDXを導入することで、省力化や新たなビジネス展開などを実現し、収益力および旅行者の利便性向上が可能だとされています。

新たな観光体験を提供できるツールとして、注目されているのがARやVRの活用です。
例えば、大分県豊後高田市には、「天念寺無明橋」という絶景スポットがあります。危険な場所にあるため、修行僧以外の立ち入りが原則禁止となっていますが、市内の「鬼会の里 歴史資料館」に、橋の実寸大レプリカとVR映像を制作し、安全に絶景を疑似体感できる修行体験コンテンツとして設置しています。

[イメージ]【第U部】観光業の体質強化・観光地の再生に向けた取組(DX)
出典:令和3年版観光白書について(概要版)(観光庁)

また、ARやVRを活用した取り組みを支援するためのナレッジ集も観光庁から公表されています。ARやVRの基礎的な情報だけでなく、観光における具体的な活用形態や、コンテンツを制作する際の具体的な留意点などが参照できる内容です。

さらに観光庁は、観光サービスの変革や観光需要の創出をめざして産学官一体となって取り組むプロジェクトである「観光DX」を推進しています。2021年度は、「これまでにない観光コンテンツやエリアマネジメントを創出・実現するデジタル技術の開発事業」と「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業」の2つの実証実験を実施し、消費機会の拡大や消費単価の向上に資する地域観光モデルの実現をめざします。
なお、各実証実験の最新情報は観光庁DX事業公式のnoteとTwitterで情報発信されています。

[イメージ]令和3年度DX事業の採択案件の一覧
出典:観光DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進(観光庁)

Q.観光データの活用事例はありますか?

観光DXの成功の鍵を握ると言われているのが宿泊データや人流データなどの観光データの活用です。これまで地域における観光データの活用には、以下のような課題がありました。

  • 意思決定は、“カン”と“経験”が頼り。変化に対応しきれていない。
  • 地域全体としてのデータが不足。一部のデータだけで意思決定している。
  • データを収集すること自体が大変。その後の分析・活用が進まない。

このような課題を解決し、観光客の行動やニーズを、リアルタイムにとらえる仕組みの実証実験が2020年度に行われました。
実証実験は、選定されたモデル地域(4地域)で行われ、地域内の宿泊施設の宿泊客データをDMO(*)に集約するプラットフォーム「宿泊データ分析システム」と、地域のファンをつくりリピーターを確保する顧客関係管理アプリケーション「CRMアプリ」の2つの機能を検証するというものでした。

*DMO:Destination Marketing/Management Organization
マーケティングに基づく観光戦略の策定・推進や、地域内の幅広い関係者との合意形成など、観光事業のマネジメントを担う機能・組織のこと。観光庁では観光地域づくりを担う法人を「観光地域づくり法人(DMO)」として登録する制度を2015年より開始している。

[イメージ]1 本事業が目指すもの
出典:観光地域づくり法人による宿泊施設等と連携したデータ収集・分析事業〜事業概要及び令和2年度の成果〜(観光庁)

実証実験が行われた岐阜県下呂市では、地元である岐阜県民の訪問が多いだろうという過去の経験により、岐阜県民を対象に誘客キャンペーンを予定していました。ところが、データ分析により、愛知県からの来訪者が特に多いことが分かりました。そこで、当初予定していた岐阜県民限定のプランの特典を変更して、愛知県民限定のプランを造成し販売したところ、売上増加につながりました。

[イメージ](6)令和2年度実証地域における成果
出典:観光地域づくり法人による宿泊施設等と連携したデータ収集・分析事業〜事業概要及び令和2年度の成果〜(観光庁)

新型コロナウイルスの感染拡大により、観光事業が打撃を受けた一方で、オンライン観光などデジタルを活用した新しい取り組みも活性化しました。2021年10月からは、感染対策と日常生活の両立を図っていくため、旅行会社が実施するツアーや宿泊施設で、「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験が始まっています。ニューノーマルな観光のあり方として、今後はリアルとデジタルをうまく共存させながら観光DXを進めていくことが求められるでしょう。

テーマ別まとめ

注目キーワードに関連した記事をまとめました。

何をお探しですか?

配信を希望される方へ

自治体ICTに関する旬な記事を月2回メールマガジンでお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちらから